メニュー

南海フェリーで行く!大阪から徳島へ遠出デート

南海フェリーで行く!大阪から徳島へ遠出デート

投稿者

「たまには大阪を出て、遠出デートがしてみたい♡ でも、神戸や京都、奈良だとあまり遠出した感がない…」
そんなカップルにおすすめなのが、ずばり徳島県! 関西を出て、四国まで行くとなると、かなり遠いように思われがちですが、徳島県って実は大阪から結構近いんです! 弾丸日帰りデートでサクッと行くのも良し、一泊二日で旅行するのも良しです。
今回は、ゆったりと船に乗って、いつもとはちょっと違った遠出デートをご案内します♪

大阪から意外と近い!徳島県


大阪から徳島まで、バスでも約3時間ですが、デートで行くなら断然、バスよりも非日常感あふれる船旅がおすすめ!
南海本線で難波駅~和歌山港駅まで約1時間、南海フェリーで和歌山港~徳島港まで約2時間。 電車+フェリーで、バスと同じくトータル3時間ほどで着きます。
乗船料金は片道2000円。往復で購入すると帰りの便が1800円になります。

公式サイトに南海難波駅からの接続時刻が載っていて便利です。
南海フェリー時刻表:http://nankai-ferry.co.jp/timetable

ちなみに、南海フェリーは車両の乗り入れも可能なので、和歌山港までマイカーやレンタカーで来ることもできますよ。

和歌山港から徳島港へ出発

電車で行く場合は、南海難波駅から特急サザンで和歌山港駅へ向かいましょう。
運賃は920円+指定席510円。特急券は南海難波駅の窓口で購入できます。

南海 和歌山港駅~南海フェリー 和歌山港は、駅を降りてそのまま、直結しています。

フェリーのチケットは、この入り口の手前の券売機で買えます。

南海フェリーに乗るなら絶対グリーン席!


乗船したらまず、売店でグリーン券 500円(※繁忙期は1000円)を買いましょう!
一般の座席は、背もたれ真っ直ぐのかたい椅子or雑魚寝スペースなので、徳島港に着くまでに疲れ切ってしまいます。
グリーン席は人が少なくて静かだし、背中も足も伸ばせるリクライニングシートで快適に過ごせますよ。テーブル&ソファの席もあるので、お食事なんかもできちゃいます。

売店でお酒を買って、とりあえず乾杯!


グリーン席を確保したら、これから始まる旅に乾杯♪
船の中の自販機でビールやチューハイが、売店ではお弁当やおにぎりが買えます。 お酒のアテ的なものは「竹ちくわ」ぐらいしかないので、もっと色々食べたい方は難波駅で買っておいてくださいね。 ちなみに、「竹ちくわ」は徳島県の名産品らしいです。

私の体感では、南海フェリーは、椅子に座っていると動いているのかわからないほど、全く揺れを感じませんでした。 “船でお酒”ってなんだか悪酔いしそうですが、そんな心配も無用だと思います。

デッキに上って海を眺めよう


のんびりお酒を飲んで、ほろ酔いになったところで、デッキに上ってみましょう。
広い海の向こうには淡路島が見えますよ。
船のデッキ部分は3階建のようになっていて、屋根付きのところと、一番てっぺんの屋根なしのところがあります。

海風が気持ちいいです~。
水面をじっと見ていると、魚の群れやウミガメなんかが見られて、なかなか楽しめます♡

徳島港に到着♪


お酒を飲んで、海を眺めて、グリーン席でちょっと休憩して…
あっという間に徳島港に到着です!
さて、ここから徳島デートのはじまり♪

なかなか乗る機会が少ない、船の旅。
船に乗り込んだ瞬間から、一気に旅行気分が増しました♡
船の旅、とってもおすすめです!

ちなみに、南海フェリーは、2019年度末(予定)に船がリニューアルされるそう。

(新造船グリーン席イメージ画像:南海フェリー公式サイトより)
新しい船では、グリーン席の室内から海が見えるようになるようで、さらに素敵な旅になりそうですよ!

関連記事
投稿者

この記事を書いた人

33才、水瓶座のAB型。 好きな食べ物は生牡蠣と韓国料理。 奈良県出身ながら大阪が大好きなグルメライター。 40才の自由人な彼氏と交際中。



カテゴリー

遠出デート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です