メニュー

夜の天王寺動物園「ナイトZOO」デートって、実際どう?

夜の天王寺動物園「ナイトZOO」デートって、実際どう?

投稿者


春・夏(お盆休み)・秋と、だいたい、年3回開催される天王寺動物園ナイトZOO。普段見ることのできない、夜の動物たちが見られるイベントです。
今回はこちらをデート利用で行ってきましたので、レポートしたいと思います!
ちなみに、私たちが行ったのは2018年8月11日(土)、お盆休みの初日であり、ナイトZOOの初日です。19時半頃~行きました。

天王寺動物園ナイトZOOとは?

天王寺動物園が、通常の営業時間(9:30~17:00)から時間を延長して開催しています。時期によって閉園時間は異なりますが、20時~21時頃まで空いています。
事前予約は不要。当日、好きな時間に行って、入り口でチケットを買って入場します。
料金も通常と同じく、大人500円です。

天王寺動物園ナイトZOOの混雑具合は?

混雑具合
夜なので子どもは少ないかと思っていたのですが、全くの見当違い。めちゃめちゃ混んでいます。小さな子ども連れやベビーカーで来られる方が多く、ゆっくり動物を見られる雰囲気ではありません。スタッフの方が「園内は大変混雑しております。立ち止まらずにお進みください」と終始アナウンスされていました。
そして、夏の動物園は、夜でも暑く、汗だくになります。

肝心の、夜の動物たちはどんな感じ?

レッサーパンダ
カメラの補正で明るくなっていますが、正直、屋外展示の動物は暗すぎて見えません(笑)
tiger
そして、夜に公開している動物はほんの一部だけ。そのため、トラやライオンなど、一部の夜行性動物に人が群がります…。


夜間公開されている動物も、そのすべてが活動的なわけではありません。ジャングルのような光景を想像して行くとガッカリしてしまうのでご注意を(笑)

ライトアップされた動物たち


ナイトZOOのウリだと思われる、アフリカサバンナゾーンのライトアップ。このゾーンでは、サバンナっぽい音の演出もありました。
毎回のナイトZOOのテーマに沿って、ライトアップされる動物の種類や色のイメージを変えているようです。

写真の奥のほうに何かいるの、わかりますか? これ、シマウマです。
ライトアップは幻想的ですが、動物たちはかなり遠くにいるので、ほとんど見えません。

天王寺動物園ナイトZOOの感想まとめ

結局、19時半に入園して、1時間も経たないうちに退出しました。
入園料500円据え置きで営業時間を延長しているので文句は言えませんが、とても混んでいるし、動物も満足に見られないので、デート先としてはおすすめしません。デートで天王寺動物園に行くなら、やっぱりお昼間の明るい時間帯に行くのが良いですね。

もし行かれる場合は、ナイトZOOだけを見に行くというよりは、16時半頃に行って、明るい動物園を楽しんだあとに、夜のナイトZOOも軽く見ていく、というのが良いかと思います。ただし、多くの方がそう考えていると思うので、混雑は避けられませんが…。

おまけ


ナイトZOOのあとの、夜のてんしば。
昼間は賑わっているてんしばも、夜はとても静かです。ライトアップされたてんしばと、その背後にそびえ立つあべのハルカスが綺麗でした。

てんしばは、22時になると閉鎖されるので、21時半を過ぎるとほとんど人がいなくなるようです。

投稿者

この記事を書いた人

33才、水瓶座のAB型。 好きな食べ物は生牡蠣と韓国料理。 奈良県出身ながら大阪が大好きなグルメライター。 40才の自由人な彼氏と交際中。



カテゴリー

イベントレポ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です